2018年5月 4日

うみねこの夢 2018・春

ZABADAK、新居昭乃さん、遊佐未森さん、河井英里さんなどの音楽を好きな人達で集まって、上手い下手関係なく演奏や歌を楽しもうという集まり「うみねこの夢」演奏オフを開催しました。

今回、ザバうた友の会のTOPPYさんが参加する予定でしたが、体調不良とのことで急遽キャンセル、残念。

会場は門前仲町のシンフォニーサロン。こちらもゆるい我々に対抗するかのようにかなりゆるい施設です。
今回はレンタルしたPAの電源ケーブルがなかったり、エアコンの電池が切れていたり(笑)

「Keep A Light Burning」でポコポコした太鼓を叩きたいと、前日に思いついてしまったので、フレームドラムっぽい何かを持参。
これ、音が上手く制御できなくてなかなか使いどころが難しかったんだけど、そこそこ雰囲気(だけは)出たかな〜。

河井英里さんの「Edes Lany」、本当に大好きなのです。
(なんか、毎回言っている気もする)
すみっこの方でみんなの演奏しているのを聴いていたいくらい(笑)

「凍る砂」はロードス島じゃなくて風の大陸のしかもドラマCDの挿入歌です。
昭乃さんとの出会いは「風の大陸」を通してのこの曲なので、即答もしますとも!
...25年以上も前のことなのね。

新曲リクエストがかなり多くてどうなることかと思ったけど、ちょっと早めに確定させたこともあって、まあまあなんとかなった...のかな?

そして、ここ最近増しているお茶会感(笑)
さらにまったりとゆるゆるを突き進んで、どこへたどり着くのだろう。
とは言え、なんだかんだと演奏もガッツリやって、いつもより曲数も多いくらいだったのだけど。

毎回のことだけれど、自分の好きな大切な音楽を一緒に遊ぶことができる人がまわりにいるって、本当に恵まれたことだなと思います。
みなさん、どうもありがとうございました & また一緒にあそびましょう。

【新曲】
遊佐未森 Silent Bells
遊佐未森 街角
ZABADAK  光の人
ZABADAK  夢を見る方法
ZABADAK  小さい宇宙

【既存曲】
ZABADAK   harvest rain
坂本真綾  Gift
KARAK    Keep A Light Burning  
新居昭乃  一切へ
河井英里  Edes Lany   
坂本真綾  ポケットを空にして 
新居昭乃  羽よ背中に
新居昭乃  凍る砂
遊佐未森  夏草の線路
新居昭乃  OMATSURI
新居昭乃  New World
新居昭乃  砂の岸辺

投稿者 utsuho : 23:54 コメント (0) トラックバック (0) | 日常と非日常

2018年3月 4日

高田大介 / 図書館の魔女 (一)~(四)

ふう、一気に読み終わってしまった......。
心がふるえるってこういうことを言うんだなと、久しぶりに思いました。

山深い鍛冶の村に暮らすキリヒトが村を出て、「一の谷」王都にそびえ「高い塔」と呼ばれる世界最古の図書館に仕えるところから話は始まります。
図書館を統べるマツリカはまだ十代半ばに過ぎない娘でありながら、「一の谷」の政界を左右するほどの識見をそなえ、畏敬をもって「魔女」と呼ばれる存在。
感覚の鋭敏なキリヒトが声を持たないマツリカの声となり、市中で耳にしたささいな会話から国を揺るがす事態が動き始めていく......。
マツリカとキリヒトが言葉をかわしていくことで親密さが増していく様子、言葉ひとつで人の思惑だけでなく国々の情勢をも解きほぐしていく展開、脇役や敵役まで際立った登場人物たち、どこを切り取っても心の踊るような物語でした。

そして、屋台でパクつく春巻の香ばしさ、自然の生み出す鉱石の造形、川面にきらめく魚の姿など、些細な情景をとてつもなく細かく丁寧に書きながら、その丁寧さが時間を阻害することなく流れるように読み進めてしまえる。
まだ物語の動き出していないところから、その独特な文章に引き込まれてしまいました。

この世界、仮想世界でありながら、囲碁と将棋が遊ばれていて、さらに「駄目を詰める」「駒を突き捨てる」なんていう言い回しもさらりと出てきます。
また、物語の根幹をなす「変拍子の武勲詩」にも、藤野由佳さんのライブで出会ったブルガリアの民族音楽を思い出すなど、自分自身の経験を照らし合わせながら、語彙や想像力の限界まで使って楽しめました。
古今の文物を集めた図書館を舞台にしているだけあって、作品の中で描かれる分野も本当に多岐にわたっています。きっと他の読者は自分とは異なるところに心を惹かれているんだろうな......とも思いました。

ああ、自分の語彙が貧弱で、この面白さを表現しきれないのがもどかしいな......。

「言葉」を武器にするマツリカと同じく、作者もまた自身の言葉を賭して書き上げたことが伝わってくる作品です。

投稿者 utsuho : 10:58 コメント (0) トラックバック (0) | 読書

2018年1月 1日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、囲碁初段の達成や子どもの誕生と、大きな変化のあった年でした。
さて、今年はどんな一年になるかな~。

「感じたことを書いて記す」ということの大事さを忘れないように始めたこのBlogですが、このところ惰性になっているので、一度立ち戻って頑張ってみようかな。

投稿者 utsuho : 12:33 コメント (0) トラックバック (0) | 日常と非日常

2017年12月25日

彫金日記 / ベビースプーン"9月"

いい子にしていたちびすけに、サンタさんからシルバーのベビースプーンをいただきました。
シルバーのスプーンには「幸せをすくいあげる」「食べるものに困らないように」という意味があるそうです。
石はもちろん、9月の誕生石であるサファイア。

これからの人生に、たくさんの幸せが降り注ぎますように。

これまで、いろいろな方のお祝いにシルバーのスプーンを作ってきたけれど、自分の子どものために作ろうとは、感慨がありますね。
なかなか仕上がらなくて24日までせっせと作っていたことは、ちびすけには内緒です(笑)

投稿者 utsuho : 22:12 コメント (0) トラックバック (0) | 彫金

2017年12月16日

新居昭乃ライブ / Caravan Snow

品川のクラブexで行なわれた、新居昭乃さんのライブ「Caravan Snow」へ行ってきました。

今回は、tico moonの二人を迎えてのライブ、そしてタイトルが旅を想起させる「Caravan Snow」ということで、いったいどんなライブになるかと、期待に胸を膨らませていました。

まずは「Lhasa」からスタート。
この曲は、遊佐さんと昭乃さんが一緒に歌ったこともありましたね。
会場の全周に張り巡らされたスクリーンに広がる風景も見事でした。

ハープ、ギター、そして昭乃さんのピアノという編成なので、思い切ったアレンジで繰り出されます。
「New World」では、雨や水のイメージが強く印象に残りました。

ZABADAKの「Psi Trailing」も歌われました。
冬のイメージの強いこの曲、昭乃さんの歌声で聴けるのは幸せです。
途中、マイクが入らなくなるトラブルがあったのが残念です。
きっと、天上から吉良さんが聴きにきていたのではないでしょうか(笑)

Codex barbesの「Douce dame jolie」や、菅野よう子さんの「VOICES」「いにしえの瞳」「遠い青色」、坂本真綾さんの「奇跡の海」など、今回は昭乃さんの人とのつながりを丁寧に紡いでいるような選曲でした。
「いにしえの瞳」「遠い青色」なんて、まさかライブで聴ける時が来るとは......、感動。
昭乃さんの楽曲をいろいろと探し求めていた頃を思い出しました。

アンコールは保刈久明さんの新譜「Lamp & Pendulum」から「Moment And Light」から、最後は「虹」。
昭乃さんと一緒に駆け巡る、素敵な旅のひと時でした。

投稿者 utsuho : 23:11 コメント (0) トラックバック (0) | ライブ

2017年11月 3日

うみねこの夢 2017・秋

新居昭乃さん、河井英里さん、ZABADAKなどの音楽を楽しむイベント「うみねこの夢 秋会」に参加しました。

普段は主催の立場ですが、さすがに時間がとれそうもなく、かつ参加できるかどうかもわからないので、今回はにやちゃんに主導をとってもらいました
にやちゃん自身も、自分のライブを控えて忙しい中、どうもありがとうございました。

交渉の末に参加できることになったので、直前に参加表明。

今回は演奏陣も少ないので、お茶会成分を多めにという思惑から、テーブル一面にお菓子が広げられます(笑)
この集まり以外ではなかなか顔を合わせることも少ないので、最近どうですかというところから。
皆さん、少しずつではあるけれど確実に変わっていくね。

そして、空気も暖まってきたところで、演奏をスタート。

にやちゃんのピアノ、きのえさんのギターをメインに、意外にも(?)結構行けます。
いや、お二人ともお見事でした、感服!

特にONEが良かったなあ。
この歌、歌詞がとても好きなんだけど、最近ますます好きになってくる...。

そして、今回のお詫び。
羽よ背中にでは何度も拍を見失った...スマンカッタ。

前回、見に来てくれたLagiさん、今回も来てくれました。
楽しんでくれたらいいな。
LagiさんがCDを持参していたので、遊佐未森さんの「Silent Bells」の合唱も。
これ、次回の新曲に入れてもいいね。

最後まで演奏もがっつりやって、充実したうみねこでした。
皆さん、楽しい時間をありがとうございました!!

投稿者 utsuho : 23:52 コメント (0) トラックバック (0) | 日常と非日常

2017年9月 2日

藤野由佳ソロライブ

うれしい気分を抱えたまま、西荻窪の音や金時で行われた藤野由佳さんのソロライブへ足を運びました。

藤野さんのオリジナル曲、中でも「蒼黒」がとても良かったです。
これから、もっと良くなっていく予感のする曲です。

あと、最後に演奏した「秋の空」が、まぶたの裏に影を濃くした茜色の空が広がるようでした。
藤野さんの曲は、自身の見た風景を写し取ったようで、色彩や風の匂いまで感じるようです。

そして、予期していなかったという二度目のアンコール。
最後はやはりアイリッシュ「Yuka's favorite」のセットで締めました。

藤野さんの好きな世界、そして藤野さんの描く世界を堪能したライブでした。

投稿者 utsuho : 23:58 コメント (0) トラックバック (0) | ライブ

ご報告

娘が産まれました。
これだけ近くで産まれたばかりの子どもを見ることがなかったのですが、本当に小さいですね。

この子にどんな未来が待っているのか、とても楽しみです。
願わくば、たくさんの幸せが降り注ぎますように。

投稿者 utsuho : 22:16 コメント (0) トラックバック (0) | 日常と非日常

2017年8月 7日

彫金日記 / ペンダントヘッド"深海の火"

久しぶりの彫金作品です。

新居昭乃さんの歌「深海の火」をテーマにペンダントヘッドを作りました。
丸みを帯びた三角形の風変わりなブルートパーズを手に入れて以来、この形を活かした作品を作りたいと思い続けていたものが、ようやく形になりました。
トパーズの柔らかい青とシルバーで、硬さをあわせ持つような炎を表現しました。

変則的な石ですが、こういった石の留め方も以前に習っていたので、一所懸命に思い出しながらの作成。
いろいろと仕込んでくれた先生に感謝です!

飛ぶ心は深い海へ
飛び込むのよ息を止めて
(新居昭乃「深海の火」より)

投稿者 utsuho : 19:56 コメント (0) トラックバック (0) | 彫金

2017年6月25日

囲碁日記 / 段位認定大会

先月の宝酒造杯で望外の好成績を出せたので、調子の良いうちにと段位認定大会へ挑戦しました。
囲碁を始めた頃には有段者の強さに一体何が見えているのかと思ったものですが、それから3年半、それなりに見えてくるものもあるのだと感慨があります。

今回の目標は三勝と定めます。
二勝できれば免状の申請資格は得られるそうですが、やはり勝ち越して堂々と初段を名乗りたいものです。

そして、対局。
緒戦から、いいところなく惨敗......。
なんかもう、完全に力負けでした。
やはり、初段の壁は厚かったか。

ただ、来てしまった以上はここで落ち込んでも仕方がない。
気を取り直して次戦に望みます。
すると、二戦目、三戦目は完全にこちらのペース。
危ない場面もなく勝つことができました。

さて、最後の四戦目。
ここで勝てれば、晴れて初段です。

盤面は、途中で大石を取られて、不利な展開。
相手がこちらの四子を取りにきたところ、守らずに大石を囲んでいるところにアテ返し。
相手はダメヅマリのため普通に守ることはできないので、二手必要と踏んでの反撃でした。

そこで、相手が応手をミスしたことで、相手の大石が全滅。
ここで中押し勝ちとなりました。

もっとビシっと勝ちたかったという気持ちもありますが、純粋に相手との読み合いを制したということで、堂々と初段を名乗ることにしました。
囲碁を始めた時に漠然と描いていた目標、そして今年達成したい目標としていたので、とてもうれしいです。
なんと、剣道三段、居合道六段と合わせて、生涯十段の達成です。

投稿者 utsuho : 23:44 コメント (0) トラックバック (0) | 囲碁